2011年06月13日

胸を張って!自信を持って!

初心者 初めての方はコチラから。→「彼女の事情



「我が仔」は見事に全て社会化失敗作の我が家で、
犬の一時預かりを初めて早くも数年・・・
自分の仔となると、どうも手を抜いてしまって・・・と言い訳。

ウチの仔に限らず、他人に愛想がない事や、人懐っこくない事は
別に「悪い」事だと思っていませんが、
たとえば、先日のドッグショー会場にて通りすがりのご婦人方に
ナデナデしてもらって預かりダックス・ウィンちゃんはご満悦


そこへやってきたモコモコ着ぐるみ・・・


スタンプーさん登場♪

・・・ではなく(笑)、犬懐っこいスタンダードプードルさん達に
こんなにガッツリ嗅がれても、全く気付いていません(笑)。
テディベアカットのスタンプーさん かわいかった~


ウチの仔達だったら、「おっ大丈夫かな」と、
ドキっとする場面ですが、ウィンちゃんの場合、


上手にご挨拶♪

あら、いたの?という程度で軽くご挨拶。
ウチの仔だったらガウガウリアクションになってるかも・・・

しかも、ウィンちゃんにとって「右側」は死角のはずなのに、
右だの左だの、全然気にならないのよね(笑)。
ウィンちゃんのこういう所が好き


で、特に興味はなかったようで、
やっぱり人間の方が好きと言わんばかりに、我関せず・・・。

ヒト>犬の図。

こんなウィンちゃんを見る度、ホントに思います。

やっぱり「楽」なんです。人懐っこい性格の仔は。
“楽”しい、“ラク”チン、どちらの意味でも。

そして、初対面の犬に対してもそつがないのでさらに楽・・・。

多頭飼いとなるとまた少し話は変わると思いますが、
これはホントに胸を張って自慢できる所です。

犬と暮らすのが初心者の方でも扱いやすいので、
ホントにオススメ なのですが、
初めの仔がこんなにイイコじゃ、次の仔がかわいそうかな~

と、預かり親バカ発言が炸裂した所で、今日はお開き~


ラクチン犬・ウィンちゃんの真家族さま募集中!
お問い合わせコチラから手紙

電球 家族が見つかるといいね、と思って下さったら 電球
1日1クリックでウィンクちゃんを応援して下さい
↓         ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ  ウィンちゃんに1票を!
犬 少しでも多くの人の目に留まるよう、ランキングに参加しています 犬

星 リンク応援は→コチラ「求む♪応援団



ペットショップ購入に限った話ではないのかもしれませんが、
極小さい内に親離れさせられたワクチンも終わらない幼犬を
何も知らずに迎えて言われるままに外出禁止を守り、
文字通り“箱入り”で育ててすっかり社会化期を逃し
ハイ、吠える仔・怖がる仔・犬同士で遊べない仔のできあがり・・・

ありがちなパターンではないでしょうか。

私も・・・と言うか、我が家の長女犬もそうでした。

自分ひとりの責任で仔犬から育てるのが初めての仔で、
甘噛みもひどく、気のきつい性格だった為、それなりに苦労しました。

おかげで今は「チワワはちょっと唸って噛むくらいが可愛い」と
すっかり好みがおかしくなってしまいましたが・・・(笑)

それでも溺愛している飼い主からすれば
笑い話で済むからいいようなものの、
本犬にとっては 怖いものや敵視するものは少なければ少ないほど
生きやすいでしょう。

飼い主という尊敬できるリーダーに寄り添っていれば
何も心配がいらない、という状態であれば先頭に立って吠える必要もない。
吠えなければいけない犬生はやっぱり、ストレスだと思うのです。


社会化期の過ごし方や育て方について注目されるようになって久しいですが、
やはり早期に親元から離す事の“その後の弊害”よりも、
幼い見た目の可愛さが勝って飼ってしまう風潮はなくならないものですね。


性格も含む“性質”は、血統によっても大きく異なります。

遺伝子がどうのとか難しい話以前に、親によく似る、それだけの事。
そうやって純血種を作り上げてきたんですから。

やはり、健全性を重視する上では性格の良さも外せないはずです。

そう思うと、何も悪しきは営利目的のみの繁殖屋だけでなく、
安直な自家繁殖家が標準も性格も重視せず、
「かわいいウチのコ」という基準だけで血統を繋げてしまう事自体、
やはり不幸な犬を生み出す一因のような気がしてなりません。
(ぃゃ、生まれた仔を全部自分の家で飼う、趣味だというなら
口出しできないのかもしれないけど・・・それもねぇ・・・。)

ウィンちゃんは芯(気)の強い一面も持ち合わせています。
でも、対人に対するこの従順さは受け継いでもらいたい部分。
ダックスの中ではやたらめったら吠える事も少ないので、
遺伝性疾患がなければ、血統を残しても良かったのでしょうが・・・。


もう私が「仔犬から飼う」ことなんて、一生ないんだろうなぁ・・・
そう思うと末っ子(保護当時生後半年)のしつけや社会化をもう少し本腰入れて
楽しんでおけば良かった・・・と変な角度からの後悔も感じますが、
結局私が何が言いたかったのかと言えば、
犬ってただでさえ可愛い存在なのに、
ウィンちゃんのようにヒトや犬と危なげなく接する事ができると
それだけで ものすごく扱い易くて育て易くて、どこにでも連れて行けて、
人同士の繋がりの橋渡しもきっとしてくれるし、
一緒に暮らすとそりゃもう楽しいですよ、オクサンって事なんです(笑)。



chiwawan_mama at 22:25│Comments(0)★預かりダックス・ウィンクの日常 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字