検査、検査、検査…またまた病院へ

2010年08月28日

ご心配をおかけした病状は…

初心者 初めての方はコチラから。→「彼女の事情

嘔吐から始まり、元気もなく、体重も落ち、
下痢まではいかないものの、黒くて妙にツヤがある便をして
フードを食べなくなってしまい、検査の為に病院通いが続いている
我が家の預かりダックス・ウィンちゃん。

お陰さまで食欲 復活!!
良かったぁ~(涙)
1種類のフードしか食べてくれなかった「異常事態」も
以前のフードや他のフードも食べてくれるようになり、元通り!

体重も順調に戻ってくれています

体重3.72㎏♪
やっぱりウィンちゃんは3.8~4.0㎏が理想だね

3日間指定フードをあげて再検査してもらった結果、
異常の出ていた数値も落ち着き、
疑いのあった「怖い病気」の可能性もほぼ消えました
ホンットに良かった…
あとは来月にもう1度検査をすればもう安心となります。

「“募集ストップ”か、はたまた“ウチのコ決定”か…」とまで
危ぶまれましたが、これでまた募集を継続できます
も~先生ビビらせないでー(笑)

お問い合わせコチラから手紙

電球 家族が見つかるといいね と思って下さったら 電球
1日1クリックをお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
犬 少しでも多くの人の目に留まるよう、ランキングに参加しています 犬

星 リンク応援は→コチラ「求む♪応援団



今回、疑いが薄いとは言え、
他に説明がつかないという点から浮上した疑惑の病名は
アジソン病(副腎皮質機能低下症)」でした。

ブログにアップした画像は、あれでも少し元気さを取り戻しつつある頃の顔なのですが、
通院初日は食べていないせいか足腰に力があまり入らない様子で明らかに元気がなく、
説明を聞く短時間の間に診察台の上で横に寝てしまう程の状態。

主治医さんも普段のウィンちゃんをよく知って下さっているだけに
普段とはあまりに違う覇気のないその様子、皮膚の感じ、表情等から
深刻な状態との判断になり、検査を進めて下さったのですが
BUNやナトリウムの数値が下がっており、もちろん血糖値も低い状態。
飲水量も少し増えてきていたのが暑さのせいなのか微妙な状態で、
「そんなはずはないと思うけど」とアジソン病の可能性の説明を受けました。

ホルモンに関わる病気なので、ストレスが原因になる事がある。
今回は幸い恐ろしい病気ではなかったけれど、
最終的に、何かしらホルモンバランスを崩したのでしょうという診断になりました。

となれば、もちろん他に原因がなかったと言い切れるものではありませんが
実家に預けていた期間がストレスになり、それが原因したと思うのが普通でしょう。
ウィンちゃんにしんどい思いをさせてしまったのは他ならぬ私のせいだと思います。


実家にはウィンちゃん自身慣れ親しんでいると思うのですが
実際、複数の方から
「今さら他の家族に託したら、ウィンちゃんは自分が捨てられたと思うのでは?」
「そのまま飼う訳にはいかないの?」
というような言葉を頂く事もあります。
今の方がいいだろうから、真家族に立候補するのはやめようと素通りされている方がいるかもしれません。
当然の感覚だと思います。

ただ、少ないながら私の経験値から導き出している答えとしては、
犬はそんなによわっちい生き物ではありません。

もちろん、私に再会すれば覚えていてくれるでしょう。
喜んでくれるでしょう。
甘えたのウィンちゃんの場合は、我が家に来た日のように、
数日は環境の変化に戸惑い、さみしがるかも知れません。

しかし、チワワのベティーがそうであったように、
我が家の亡き次女犬がそうであったように、
犬は新しい世界で、ちゃんと社会を築き上げますし、
ウィンちゃんにもきっと巡り逢うべき安住の地があるはずなのです。

犬は愛情深く、愛らしい生き物ですが、人間のように自分の境遇を恨んだり、
将来を悲観してめそめそする事はありません。
「正しい愛情」さえかけてもらえれば、何歳からでも新しい環境に馴染む事は可能で、
私の元へ帰りたいと思うはずもないのです。

もちろん、それには迎える側の努力=愛情が不可欠ですが、
特にウィンクちゃん達のように小さな頃から複数の人間が世話をし
誰に対しても友好的に育っている場合、不安は感じません。

その辺りに関しては、犬を擬人化せずに動物としての犬と捉えているので信頼しているのですが、こんな事があるとやはり、長く預かる事の弊害を感じずにはいられず、自分の選び歩んできた道を振り返らざるを得ない思いで、反省の日々というのが正直な所…。

でも、私にはやはりどう考えても選考のハードルを下げる事ができません。
私にこのやり方しかできない限り、他にできる努力をもう少し、考え直さねばならないのだと思います。


ウィンちゃんのしあわせが最優先であるのは言うまでもありませんが
今回ご心配頂いた皆様、いつも応援して下さる皆様の気持ちにも背かぬよう、
この思いを忘れずに、また1歩1歩進んでいこうと思います。

改めてお詫びとお礼を申し上げます。

                              一時預かり・しおり

chiwawan_mama at 15:42│Comments(2) ★預かりダックス・ウィンクの日常 

この記事へのコメント

1. Posted by ゆき   2010年09月02日 17:17
半年くらい前から、こちらのブログを拝見しています。
とても可愛い親子のダックスですね。
うちにも同じ色のダックスがいるので、とても情がわいてきます。
まだまだ暑いようですが、
もっともっと体調がよくなりますように♪
2. Posted by しおり@管理人   2010年09月07日 15:19
ゆきさんへ

ご来訪&コメントありがとうございます
コメントレスが遅い管理人ですみません

ゆきさんもダックスちゃんと暮らしてらっしゃるんですね
同じ色… ゴールドかな?クリームかな?

ウィンちゃんはエコー検査時にお腹の毛を剃られたので、
剃る前よりは多少涼しいかもしれませんが(笑)
お陰さまで体調も復活したので、今は
早く明るい時間帯にお散歩に行ける季節にならないかな~と
心待ちにしている次第です

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
検査、検査、検査…またまた病院へ