嬉しいご報告♪「突然の出来事」

2010年06月24日

【私から私へ】 ~思ってはいけない事

初めての方はコチラから→「彼女の事情

サボリ癖がつくと、ついつい更新が滞ってしまうブログ。
ネタがないわけではないし、ただの趣味じゃないんだから、
これではイカンイカンと、今やもう「昔」と言える画像を掘り起こしました


5月に、滋賀県で行われたドッグショー。

滋賀インター

家族募集中の我が家の預かりダックス・ウィンクちゃんと
そのママ犬・クリステルちゃん
(同じく家族募集中!)を引き連れて
広報活動の名目で遊びに行ってきました。


★メジャーどころのショードッグさんたち★
↑マル、フレブル、トイプー、ペキニーズ、ゴールデン、パグ、ビション、チャイクレ、フレブル、パグ、スムチ、ミニダックス、ポメ↑

毎回、ただのお買い物三昧になるのですが(笑)
今回はちゃんと、
(ぃゃ、ある程度…)ショー観戦もしましたよ~

シーズーさんと、チベスパさんv

存在を知った時から数年来憧れ続けている、「好みど真ん中」犬種(笑)。
チベタンスパニエルの放棄犬なんてまぁいないだろうし、いない方がいいし、
多分一生飼う機会なく、憧れのまま終わるんだろうけど…(^^;


さて、このブログの主役たちはと言うと…

クリステルちゃんと親仔連れ立ってお出かけするのは初めてで
この日の為に!フンパツしたと言っても過言ではない、
こちらの中に…

カートはラクチン♪

多頭飼いのお出かけ必需品

ついに我が家もキャリーカートデビューです

私のようなビンボー人には高価なシロモノですが、

某展示会で格安GETしておいて大正解

カニンヘン審査中

縁日のように沢山出店しているグッズ屋さん巡りも
これがあって、ホントに楽々でした

再会したウィン・クリ親仔は、親仔と知ってか知らずか…
初カート内でもケンカする事なく、
似たような行動をとっておりました(^^;

似たもの親仔…

滅多にもらえない犬オヤツも、この日だけは特別、と
試供品でもらって食べたり、(ハィ、買いはしません。笑)
幾人かの方に2犬の名刺を配り、お話しし、
グッズのお買い物も堪能して会場を出たら、もう夕暮れ。

親仔でカートイン

クリちゃん、夕陽が眩しいですか(笑)。

帰りに少しお散歩して帰りましたが、
ここでもやっぱり、似たもの親仔度を発揮しておりました。

クリちゃん・足上げちっこスタイル

お得意の足上げちっこスタイルです… (※女のコ)

この ↑ 親にして…
この仔 ↓ あり…かな?(^^;


ウィンちゃんも足上げスタイル…

このあとクリちゃんは数日、
我が家でのお泊まり保育をしましたが
ホントに可愛くていい仔なんです…


こんな親仔ダックスの真の家族を募集しております。
お問い合せはココをクリック してお読み下さい。


電球 家族が見つかるといいね、と思って下さったら 電球
クリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

少しでも色んな方に見て頂けるよう、ランキングに参加しています。
1日1クリック有効ですので、ご協力、お願いしますm( _ _ )m




     

クリステルちゃんは普段、知人宅で預かってもらっていますが、
ウィンクちゃん共々、不甲斐ない預かり人(私)の力量と努力が足りないばかりに、
すっかり預かり生活が長くなってしまっています。

この時点で既に、動物愛護から遠ざかっていると思われても仕方ない側面もあると自覚していますし、私自身も本来、大したリハビリの必要がない保護犬を、こんなに長く預かるものではないと思います。

そして、預かり生活が長引いているのが、私のやり方に問題がある点にも、実は初めから気付いています…。


私が初めて保護犬を自分で預かり、真家族の元へ送り出したのは
てんかんを持つチワワのベティー。

当時は実家住まいで、我が家には同じてんかんを持つ長女チワワが君臨していました。

真家族の元へ送り出した後、軽いペットロスを疑似体験してしまうほど愛おしかったベティーを我が仔として引き取らなかった事も、それ以前に預かりに乗り出さなかった事も、
この長女犬が犬嫌いで他犬の存在が持病のてんかんに影響する可能性がある事、
実家暮らしである事、既に多頭飼いである事…等が大きな理由でした。

その長女犬亡き後、私は共に暮らした思い出だらけの実家を出、
多頭飼いOKのマンションで、現在預かり犬ウィンクちゃんと末っ子犬とで暮らしています。

扶養される事もする事もなく、自分の収入で確保した住まいで、然るべき許可も受けた状態。
しかも、「多頭飼い許可」の上限頭数には達しておらず、
ありがたい事に、職場への犬連れ出勤も可能な状況で、
“新入り犬を迎えるストレスからの体調不良”を気遣うべき愛犬もいないこの現状…。

そして、目の前にいる保護犬、縁の深いウィンクとクリステル…

帰りの車中

見た目も性格も、とてもよく似た2ダックス。
人懐っこく、甘えたでちょっぴり寂しがり。
でも本当は芯が強いことも知っているし、犬らしさも持ち合わせた、
本当に愛すべき、愛おしい仔たちです。

ともすれば、うっかりと口にしてしまいそうになる言葉。

「もう、ウチのコになる…?」

だって、その方がずっと楽で、ずっと手っ取り早くて、何の気を揉む事もない。
次へのアクションも起こせるし、全ては自分の責任下で、
審査だの段取りだのも不要、未知への不安も持たずに済む…。

汚したって洗ってあげるよ。
ちっこの失敗だって、拭けば済む。
病気になっても老犬になっても、私がちゃんと看護するよ。
本当なら、クリちゃんも私が預かりたい。

でも、それはきっと、“してはいけない” “すべきでない”
「思ってはいけない事」。

本当であれば、私のキャパシティは2頭までのはず。
考えもなく引き取って多頭飼いになっている愛犬たちには申し訳ないけれど、
ひとりで動くのに、2本の腕に余るのは私の度量を超えていると自分で思う。

でも、元々愛護活動家でもなんでもない私は、つい信念を見失いそうになるのです。

犬のしあわせって何だろう。
正解はどこにあるのだろう。

今の状況でウィンクは「不幸」なわけではない。
でも、幸せでもないはず。

我が家よりもっと条件の良い、惜しみない当たり前の愛情を注ぎ、
共に歩んでくれる人が、家が、きっとあるはず。
絶対に、どこかで誰かの「唯一無二の存在」になれるはずなんだ…。

私が「ウチの仔」として終生を共にするのは
もっとどうしようもない状況で、他に拠り所のない仔でないと…。
ウチは「最低ライン」でしかないのだから。


ウィンちゃんへのご希望がない訳ではないのです。
だから、私が諦める訳にはいかない。

一時の感情や、ましてや逃げで我が仔に迎えるなんてとんでもない。
もっと冷静に、もっとシビアに。

“今後起こり得る事”も見据え、私は私のキャパを保っておかないと。
そう、強く感じる出来事が…残念ながら実際にありました。

真家族探しは動物愛護ではなく自己満足行動と言いつつ、
正直、やめたくなることもあります。

今目の前にいる仔たちがみんな苗字をもらったら、
その先続けて行ける自信も今はありません。

だけど、やはりこれはどこまで行っても私の自己満足活動なのです。
それに犬を巻き込み、周りの人々を巻き込んでいる。

だからこそ、鈍足でも歩いていかないと。
私は私が潰されない程度に、自分を見失わない範囲で、
できる事をできるだけ、そしてそれを少しずつ増やしながら…。


キャパシティ

このカートに乗る分だけ。
きっと、それが私のキャパシティー。

ほら、ふたりがちょっと狭そうにしているよ。
あなたでは力量不足。
自分が引き取ろうと思うのはうぬぼれで、彼女らの為にはならないよ。
あなたの「自己満足」の為には、犬のしあわせを最優先に発想しなければ自己を満足させる事なんてできないのだから。

初心をここに置いておこう。
せめて、これから先の彼女らがしあわせになれるようにと望んで始めた事だったはず。

しあわせになってほしいんでしょう?
あなたが選考する時、あなたならあなたを真家族に認定できますか?

忘れてはいけない。
我が家が「最低ライン」であることも、
我が仔として迎えるには、あまりにももったいない仔たちであるという事も。

宣言しておこう。

ウィンちゃんが今のまま明るく元気に過ごしてくれている以上、
うちのコに迎える事はありえない。

大事な預かりっこの貴重な毎日を消費させている日々、
心が折れそうになったら、誘惑に負けそうになったら
ここに戻ってこよう。



chiwawan_mama at 14:26│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by rin   2010年06月25日 10:18
5 しおりさん、こんにちは。
すっかりご無沙汰しておりますm(_ _)m

いつも気にしていましたが、多忙を理由になかなか覗けずにいました。
しおりさんの「続き」を読み、胸が締め付けられる思いです。
私が思っている以上の保護するということの重さや難しさを知り、しおりさんに何と言葉をかけていいのかわからないままにコメントしています。

私も2匹の愛犬を暮らしています。ずっともう1匹迎えたいと思っていました。
しかし、一昨年、長女ワンコが病気になった時に、母の手を借りなければ愛しい我が子を十分に看病できないという現実に直面しました。
簡単に考えてはいけない。
ワンコも人間と同じ。いつも元気なわけではない。ワンコだけでなく、自分も病気になることもある。
そういう時にちゃんと守ってあげられるだろうか。
そう考えたら、とても3匹目を迎えることはできないと思いました。

命を迎え入れるというのは、欲求や同情だけではいけないと思います。
全ての状況を想定した上で迎えなければ、きっと誰かの保護を必要とするワンちゃんが増えるだけ・・・。

長くなりごめんなさい。
簡単な言葉になってしまうけど、しおりさんは間違ってないよ。人間だもの。気持ちが揺らいでしまうのは当然。でも負けないで。
ウィンちゃんは絶対に幸せになれる子だから。

2. Posted by ちゃこ   2010年06月27日 10:14
ウィンクちゃん達にカート買ってもらって
良かったね、これでまた色んな所に行く
機会も増えるしこちらも楽チンですよね
ウィンクちゃんクリちゃん応援してるよ

メールしました、お暇な時にでも
読んでくださったらうれしく思います
7. Posted by しおり@管理人   2010年09月07日 14:58
>rinさんへ

本当に本当にご無沙汰しております
お返事が遅くなってしまって本当にごめんなさい・・・。

長女ワンコさんのご容態、その後いかがですか?
ヒトもワンも、本当に健康第一ですよね。

多頭飼育については、するのも、しないのも、
どちらも素晴らしい事だと思っています。

ただやはり、病気になる事も老いる事も老いた時に起こりうる事も
全てを想定して飼育を始める方はそんなに多くないハズなので、
可愛さにハマって、たて続けに仔犬を迎えられる方などを見ると特に
余計な心配&余計なお世話を焼きたくなると言うのが正直な所(^^;

私自身は今以上に飼育頭数を増やすつもりも、またその力量もありませんし、
rinさんと全くの同意見です。

そう言った部分で私も信念を持っているはずで、
自分の信念とする所は揺らいではいけないと思うのですが、
やはり私ではちょっとハートが弱い部分もあるなぁと自覚する今日この頃…。

罪滅ぼし、恩返しがしたいと始めた事です。
もう少ししっかりせい!と自分に言い聞かせて頑張ります(^^;

更新もコメントレスも遅いブログ&管理人に呆れずお付き合い下さり
感謝感謝でございます
8. Posted by しおり@管理人   2010年09月07日 15:04

ちゃこさんへ

カートって大昔の出始めの頃におばあちゃん犬の為に買った事があったのですが
やっぱり使い勝手もよくなってスタイリッシュになって
便利ですよね~

コメントレスが大幅に遅れて申し訳ない限りですが
いつも応援ありがとうございます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
嬉しいご報告♪「突然の出来事」