衝動買い・・・あるまじき・・・

2009年03月12日

“ 親・仔 ” という事。 ~彼女の事情Ⅱ

初心者 ウィンクちゃんについてはコチラ→「彼女の事情


まるで姉妹のようなこの2犬。

見た目も性格も甘え方も、体質もよく似ています。

8b01ae39.jpg

それもそのはず、彼女はウィンクちゃんの母犬です。
(向かって右)

仮名:クリステル・・・通称クリちゃん

ブログタイトルの「ダックス親子」とは彼女らの事ですが、
ウィンクちゃんは離乳してすぐ“出荷”して売りに出され、
売れ残って繁殖場に戻ってくるまで別々の暮らしをしてましたし、
戻ってからもケージ毎に分けられていた為、彼女らに親子と言う認識は無いと思います。



クリちゃんは「繁殖用」の「台メス」でした。

ヒート
(生理)がくるとワクチンを打たれて車の荷台に乗せられ
交配の為に犬だらけの知らない所へ連れて行かれて数日を過ごし、
確実に妊娠するよう数回、交配されます。
大事な「種オス」を傷付けないように 押さえられながら。

ウィンクちゃんも のちに同じ生活をする事になりますが、
大人気のダックスフンドを「とにかく産む」事が仕事で、
その為だけに繁殖業者に飼われていました。

f5070020.jpg

ウィンクちゃんの「美人顔」は、クリちゃん譲り。
「ゴールドの綺麗な毛色」も、クリちゃん譲り。
「甘えたな所」も、クリちゃん譲り。
「ちょっぴり気が強くて独占欲の強い所」も、クリちゃん譲り。
色素が抜けた「茹であずき色のお鼻」もクリちゃん譲りで、
「少し曲がった前足」も、「酷い下痢体質」も受け継ぎました。

それが、親仔という事。

ウィンクちゃんがママからもらえなかったのは、くりくりの右眼だけ。

でも、もちろんクリステルママが悪いわけではありません。
悪いのは、考えなしにクリちゃんに仔犬を産ませた人間です。

クリちゃんは若い頃から原因不明の酷い血便を頻繁に繰り返し、
その度にいつもご飯が食べられなくなっていました。

でも、それは出産免除の理由にはしてもらえなかったようです。

ヒートが来れば交配する。

産める限り産ませるのが商売ですから、
年に2回しかない流行犬種の製産=交配のチャンスを
そうおいそれと逃す事はしません。

途中からは成犬用のフードがもらえる事もありましたが、
下痢をしやすいクリちゃんの体質に合ったものを
特別に用意してはもらえませんでした。
それ以前に年齢に関わらずずっと食べていたパピーフードも、
仔犬にとっては良くても、成犬には「体に良いもの」ではありません。

5c308a16.jpg

交配・妊娠後にも、「いつものように」血便をし出したクリちゃん。
やはりご飯が食べられなくなり、
妊娠している事もあって、どんどん痩せ細って行きました。

クリちゃんがしんどいかどうか、病状が可哀想かどうかよりも、
繁殖場の従業員にとって、その状況は「管理不行き届き」。

さすがに放置できなくなった現場の人間の独断で、
妊娠中のクリちゃんに抗生物質等のお薬が使われました。

そして生まれたのがウィンクちゃんです。

ウィンクちゃんは尻尾の骨も曲がっていますから、
何か他に遺伝的な要因があったのかも知れませんし、
薬が無眼球症の直接の原因かどうかはわかりません。

ただ、ひとつ言い切れるのは、体調の安定しないクリちゃんを
「繁殖犬」として「使う」時点で間違っている、と言う事。

健康な母体であっても想像以上の消耗を伴い、
大きな負担がかかるのが、妊娠・出産です。
初産の不安と体調不良を抱え、
クリちゃんはどんな想いでお腹の子を育んでいたのでしょう…。

撫でられるのが大好きで、甘えたの少女のようなクリちゃん。
こんな愛すべきコ達をケージの中だけで飼うと言うだけで
繁殖云々を抜きにしても、充分“罪”と言えるのではないでしょうか。

de7a78d5.jpg

ただでさえ難しいダックスのカラーブリーディング…。
クリームやゴールドの薄い色が人気で、色によって高値が付く時代、
「とりあえず薄い色」の作出を目指した選択で、理想的な方法ではなく
安易にレッドやクリームと掛け合わされ続けました。

本当なら綺麗な色に生まれたウィンクちゃんも他の兄弟犬達のように、
高いお金を払って買ってくれる人がいたはずなのに…。

片目のない仔が産まれようと、尾曲りの仔を産み続けようと
その後もクリちゃんは繁殖用の犬として使われ続け、
たくさんの仔犬をダックスブームの世に送り出し続けました。

空前のチワワブームを前にダックスブームが下火になり
事業縮小を考えた繁殖業者が真っ先に「不用」と判断したのは
そんなクリちゃんたちでした。

繁殖に向かないと知った上で、ブームの間だけ使う…
流行犬種を迎える事はそれだけリスクが高まると言わざるを得ません。

9d24f6a6.jpg

食欲不振を伴う、赤黒いコールタールのような
独特のクリちゃんの下痢は、明らかに異常で血の匂いがします。
もしかわいい我がコが1度でもあんな下痢をしたら、
きっと真っ青になって病院へ駆け込むでしょう。

クリちゃんはそれが毎週と言う程、数日に1度のペースで起こるのです。
そして何故かウィンクちゃんも、クリちゃん程頻繁でないにしろ
どう言うキッカケでか、時々全く同じような血便をしていました。

同じ環境に居て同じものを食べ、何十といる他の犬達は平気なのに
クリちゃんとウィンクちゃんだけが・・・。
“親仔だから”体質が似てしまったとしか考えられません。

fe9a9557.jpg

何度検便しても寄生虫が見つかる訳でもなく、
結局 原因のわからなかったクリちゃんの下痢。

それでも何とか一般家庭への門を開いてやりたいと思い、
主治医さんに相談して、療法食を処方してもらい、
しばらくその繁殖場へ送り続けました。
そして今現在は・・・

不思議な事に、保護して以来
何年も続いていた下痢はパッタリとなくなりました。

クリちゃんもウィンちゃんも快食・快便です。
市販のライトフードで下痢を起こす事もありません。

クリちゃんに至っては、現在預かりさん宅で太ってしまって
ダイエットが必要なほどです(笑)。

譲渡上、健康面の不安がなくなったクリちゃんもウィンクちゃんも、
今1番必要なのは療法食ではなく、温かい家庭・甘えられる家族です。


【仮名】クリステル…避妊手術済みメス、推定8歳、
体重4キロ前半が目標 (減量成功’10年2月追記)
【実施済】健康チェック、血液検査、歯石除去、8種混合ワクチン接種



真の家族となって下さる方を心からお待ちしております。

お問い合わせはコチラ手紙


電球 クリックでウィンクリちゃんを応援して下さい 電球

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
犬 少しでも多くの人の目に留まるよう、ランキングに参加しています 犬

星 リンク応援は→コチラ「求む♪応援団


at 23:53│Comments(10) ★我家以外のSOS・家族募集 

この記事へのコメント

1. Posted by momoko   2009年03月13日 01:56
悲しいお話です。苦しい時間を過ごしてきた分、沢山幸せになってもらいたい。
くりちゃん、今までよく頑張ったね。
ウィンクちゃんも今までよく頑張ってたね。
これからは沢山の愛情で満たさせてくれる家族に出逢おうね。大丈夫。必ず出逢えるよ^^
遠くから彼女達の幸せを祈ってます。
2. Posted by ちゃこ   2009年03月13日 22:58
途中で読むのが本当に息苦しくなるお話でした、
でも最後まで読まないとクリちゃんに申し訳ないのではと
思うほど辛い生活だったんですね、
今もこういった子がいっぱいいるのだと思うととてもとても辛いです
クリちゃんとウィンクちゃんやはり似てますね
どうか2ワンに幸せいっぱい訪れますように
3. Posted by love   2009年03月15日 01:34
クリちゃんこんにちは!
クリちゃん辛かったんだよね・・・
もう本当に許せない行為です。
人間の欲というものは、本当に限界がないのですよね・・・
クリちゃんは、自分の体を犠牲にして一杯・一杯訴えていたのに。
こんな辛い思いをしている子がまだまだいるかと思うと悲しいです。
人間の勝手で捨てられる子もいれば、人間の都合でボロボロになるまで使われてしまう子もいる・・・人間ってなんなんでしょうか?
こんな現実本当に許せないです。
4. Posted by 美穂   2009年03月21日 17:18
コメント遅れました。。
すぐに書き込みたかったのですが、ゴメンナサイ(><)
ひどい…。
こんな残酷な繁殖場が他にもたくさんあるのだと思うと…もどかしい気持ちでいっぱいになります…。
血便なんて、絶対に痛かったでしょう。。
下痢は誰でも経験があるでしょうし、辛さは簡単にわかるはずですよね。
どうして犬の気持ちを考えられないのか…悲しくて仕方ないです…。
お写真を見ていたらクリちゃんもウィンちゃんもお腹を出して本当に甘えん坊さんですよね。
人間が大好きなコたちなんですよね。。
どうしてこのコたちをもっと愛してあげられなかったのか。。
ペットショップのわんこを見ると、本当に悲しくなります。
何も知らずにカワイイ~と言う人たちがいて、、。
犠牲になってしまう可愛い可愛いわんこたちの存在も知らずに。。
こんなの、悲しすぎます。。
ひとりでも多くの人たちにこの現実を知っていただきたいですね…。
ウィンちゃん、クリちゃんに早く家族ができますように。
応援していますp(^^)q
5. Posted by ちゅらてぃママ   2009年03月26日 19:47
ご無沙汰しています。
とても悲しく、とても辛い気分になってしまいましたが
これが目を背けてはいけない現実なんですよね。。。
ブログをしていると本当にいろんなことを知ってしまいます。
ただの犬好きでいたかったと、「知ってしまった」ことを後悔した事もありましたが
それでは悲劇が繰り返されるだけなんですよね。
クリちゃん、ウィンクちゃんにはこれからは愛情に満ちた生活をして欲しいと心から願います。
それから、ベッちゃんに会えないのが少し淋しいです。。。
ベッちゃんが幸せを掴んだのはとても嬉しいことなのに、わがままですね^^;
幸せに暮らしてるんだろうなぁ~^^
6. Posted by しおり@管理人   2009年03月27日 16:23
>momokoさん{リボン}
ありがとうございます{ラブ}
「ブーム」って、本当に悲しいですよね・・・。
人間だけが踊らされるならまだしも、
犠牲になるのは絶対犬の側ですもんね・・・。
でも人間に利用されて囲われているコ達は
愛情に飢えている分、人懐っこいコが多いのが又悲しい…{悲しい}
私個人の力は微力ですが、こんなにイイコ達なので、
絶対本当のご縁を手繰り寄せられると信じています{力こぶ}
7. Posted by しおり@管理人   2009年03月27日 19:56
>ちゃこさん{リボン}
世の中に「途切れることなく供給」される仔犬たちの内、
どの位の割合がこんな犠牲に支えられているのでしょうね…。
ほんの一握りと思いたいのですが…
残念ながら、クリちゃんやウィンちゃんは
酷使されている台メスの中では「マシなケース」なんですよね。
だけどこのままで彼女らの犬生を終わらせるわけにはいきません。
本当のご縁を掴むまで、見守って下さいね{ウインク}
8. Posted by しおり@管理人   2009年03月27日 20:05
>loveさん{リボン}
少しの間、療法食を食べていたとはいえ、
特に治療を受けていたわけではないので、
こうもパッタリと下痢が止まると、やっぱりクリちゃんが身をもって
何かを訴えていたかのように感じてしまいますよね…。
それでもご飯やお水がもらえるだけマシなんて、
本当にこわいです。
捨てる神あれば拾う神ありと言いますから、
もう その神を待つばかりです(^^;
9. Posted by しおり@管理人   2009年03月27日 23:08
>美穂ちゃん{リボン}
残念ながら、クリちゃんたちのいた繁殖場は、
かなりマシな方だと思います・・・。
真夏や真冬には空調設備もあり、適切な内容でなかったとはいえ、
食事や飲み水も毎日もらえていましたから・・・。
ただ、・・・プロ意識が足りない。
かと言って一般的な愛情や感覚もない。
「痛いだろうな」「辛いだろうな」
たったそれだけの事に少しでも目を向けてくれたなら・・・。
ミシェルちゃんやクリちゃん達の苦痛が
最低のケースでない と言うのが、本当に恐ろしいですよね・・・。
「消費者」が賢くならないと、この負の連鎖は止められないのでしょう。
少しでも早く、クリちゃんもウィンちゃんも、
ミシェルちゃんのように真家族と巡り会ってほしいと思います。
10. Posted by しおり@管理人   2009年03月27日 23:26
>ちゅらてぃママさん{リボン}
お久しぶりです~{笑い}{音符}
遊びに来て下さって嬉しいです{ドキドキ小} が、
楽しい記事じゃなくてごめんなさいね{汗}
確かにネットの情報量って、
何に関しても半端ない多さですもんね…。
「開けたくない扉」がたくさんあり、私が目を背けている現実は
山のようにあると思います。。。
限定した対象にのみ家族探し活動をしている今、その中ですら
逃げている事もありますし、先の事を考えたくないと思う事も多かったり…(^^;
でも人間より早いスピードで成長していくわんちゃん達ですから、
ウィンちゃんの犠牲になった7年を思うと胸が痛み、
自分の不甲斐無さに打ちひしがれ、また、
みなさんから頂く言葉の1つ1つが胸に刺さります。
その気持ちを忘れないように少しずつでも前進しようと思います。
べっちゃんの記事も1周年に合わせてアップしたかったのですが{汗}
毎度毎度、気長にお待ち下さいとしか言えない管理人をお許し下さい{すいません}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
衝動買い・・・あるまじき・・・