無事、お届け。削除予定の言い訳

2008年03月18日

手放す痛み ~ケアベアに願いを込めて

8日からトライアルに入ったチワワのべっちゃん。
早いもので、もう10日・・・。


当日は、koKoさんにいただいたお洋服はもちろんの事、
フード・サプリ、匂い付きベッドにマット…
色んな物を持って里親候補さんのお宅へお届けに上がりましたが、
その中のひとつのオモチャ。

犬用ではないけれど、先住犬が男の子とうかがっていたので、
色違いで可愛いし、最近マイブームのクローバーもついているクローバーキラキラ
ので、プレゼントにとチョイスしたのですが・・・


bc3dfd1c.jpg

ケアベア(Care Bears)ってご存知ですか?

ケアベアには、いろんな色がいて、
それぞれお腹にシンボルがあり、使命があるのだそうで…ラブ

嫁入り道具のケアベア、グリーンが「グッドラックベア」。
使命は「幸運をみんなと分け合う事」と言う、幸せを運ぶベアですキラキラ

ピンクの方は「ラブアロットベア」で、愛を広げる事が使命、
「ありえないカップルを誕生させる」のが特技と言う、
愛に溢れたベアなのだそう。

べっちゃんと先住チワワくんにピッタリだと思いませんか?まる




犬 犬 犬 犬 犬 犬

気持ちが落ち着いたら…と書きましたが、
ようやくの更新となりました(;^▽^A


私はもっと、自分がクールにやれると思っていました。

周りの人やネット上でも「里子に出すと寂しいね」
なんてよく言われましたが、
私が選び抜き、自分で納得した人に飼ってもらうのに、
寂しさなんて知れたものだと思っていました。

実はべっちゃんは、新幹線で3時間以上かかる土地へ
お嫁に行きました。

もちろん近くでいつでも会える状況に越した事はないと思いつつも
べっちゃんを愛してくれる家族であれば
地域にこだわる必要はないと思ったし、
細やかなフォローができないのは申し訳ないけれど、
それを承知の上で立候補し、
条件をクリアして下さるご家族ならば
会いたい時に会える距離で…なんて贅沢を言う気はありませんでした。

でも実際、送り出した今・・・

これはもう、ちょっとしたペットロスですね(笑)
最後に撮った写真を見返すだけで、涙が溢れそうになるのです。

“頭で考える事と、心で感じる事の違い”
簡単に言うとそんな所なのでしょうが、
心のどこかでやはり、距離を切なく感じる気持ちがあるのです。

もちろん、悲しくはありません。

実際ご家族にお会いして、
期待を裏切られた訳でも何でもないし、
この寂しさは、どこから沸いて来るのだろうと
自分で自分に驚くほど…。


言い方を変えれば、べっちゃんは
手放すのが目的で手元に置いていたコ。

我が子と分け隔てなく育てていたとは言え、
我が子ではないからこそ、気遣いが必要だったり
扱いを変えねばならない所もありました。

そんな意識下にいたコですら、
こんなに こんなに寂しいのに、
どうして自ら望んで一緒に暮らすと決め、
一度でも、短期間であったとしても慈しんだ子を
手放したりできるのでしょうか!?

「我が子」と呼べるほどの存在になり得るのに、
平気で捨てる人がいる・・・

そんな人たちに、
私が感じたこの痛み、辛さ、寂しさを
何分の1かでいいから感じてほしい・・・。

改めてそんな思いにとらわれ、
憤りを強めずにはいられません。


* * * * * 


実際、お届けの日は、行きの列車の中からもう、
泣きそうで、涙を堪えるのに必死でした(^^;

午前中で仕事を終え、慌しく出発した3時間半の旅。

“べっちゃんとの「初めての列車の旅」が今日で、
これが最初で最後だなんて…”

“でも、今ここで泣く訳にはいかない。
どんなワケアリの旅だと、周りに驚かれてしまう(笑)。
目や鼻が少し赤い位なら、花粉症の人だと思われるから、
この季節で良かったかも…”

そんな事をひとり考えながら、
泣かないように、そして
「べっちゃんとの日々」を振り返らないように、
とにかく必死でした。

べっちゃんはおりこうで、
2度ほどクンクン鳴きそうになりましたが
あやす為に持って来ていたガムをあげると
夢中で、一生懸命噛んでいました。

でも、何も知らないべっちゃんがまた、
私の寂しさを誘うのです・・・


7e36eea6.jpg



もちろん、帰りの列車の方がもっと大変(笑)。

現地では、翌日も仕事で時間に余裕もなかった為、
公園とご自宅で2ワンの相性チェックを一応終えると、
早々に契約書を交わし、最低限必要な事を手短に伝えたカンジで、
べっちゃんに特にゆっくりお別れの挨拶もしない私は、
きっとご家族にはさぞ冷静に映ったと思います。

“元気でね”
“可愛がってもらうんだよ”
“おりこうにね”

そんなありふれた事ですら、少しでも考えればもう
言葉にならない程泣いてしまう・・・

むしろ、“逃げるように帰ってきた”と言う方が
正しいのかも知れません。

後になって、あの時我慢せず泣いた方が良かったのかも…
なんて思ったりもしましたが、
最寄り駅(実際には帰りの便が良い駅)まで
ご主人に送ってもらう車の中では、
我慢しきれず泣いてしまいました。

何とか気を取り直して他愛もない話をしたつもりですが
ご主人からすればおかしな会話で、
ただの変な人に映ったかも知れません。。。


次に預かる子も決まっていて、
手術が必要なのもわかっていたので
電車賃以外、無駄遣いはすまいと決めていたのに
どうしてもそのまま手ぶらで帰る事ができず、
ご主人にお礼を言って車を降りた後
駅のホームで名産品を買ってしまいました。。。(^^;

来た時と全く違う手荷物の軽さまで胸に刺さる思いで、
耐えられなかったのです。

帰りの1人きりの座席・・・
何をどう考えても、
どう考えないように努力しても、
気を抜けば一気に号泣してしまう状態でした。

犬のいの字も関係ないような事を一生懸命考えたりするのですが
すぐにまた、
「ああ言えば良かったかも知れない」
「これも言っておけば良かった」
そんな思いが次々に込み上げて、大変でした。


身からもぎ取られるような・・・
何かを引き剥がされるような、そんな痛み。

いくら遠いとは言え、今生の別れじゃないのだし
悲しい訳じゃない、もう会えない訳じゃない。

でも、日常を当たり前に共にしていた存在と
違う道を歩み出さなければいけない寂しさ・・・
いつもいた そこに いない…と言う事実。

自分でも理解できない程の寂しさに襲われながら
何とか整理した感覚は、例えるならやはり、
卒業式の心境に一番近いのかも知れません。

幸せにはなってほしいし、一生添い遂げてほしい。
それが一番の願いなのに
「辛かったらいつでも帰っておいで」
そう言わずにいられない、
花嫁の父のような、母のような感情が理解できた気がする体験でした。

もちろん、べっちゃんは寂しくないはず。
それは強がりでも慰めでも何でもなく、
べっちゃんの強さを信じ、
ちゃんと犬と言う動物として見ているから。

悲しいかな、不特定多数の人間に世話をされるのには
彼女は慣れています。
我が家で家庭犬っぽい生活をしたのは、
それまでの犬生の何分の1にしかまだなりません。
今から、本当の家庭犬としての犬生を歩み出すのです。

だから、べっちゃんは大丈夫。
私が寂しいのは勝手です(笑)。

でも、もしべっちゃんが「あのヒト最近見ないなぁ」なんて、
しばらくの間だけでも思ってくれていたら、それで充分です。

正直、“こんなに辛い事、無理かも知れない…”
そうも思いましたが
嫁入り先のご家族から報告のメールを頂くにつれ、
ようやく嬉しさが込み上げ、寂しさを消してくれそうです。

今後はそんなべっちゃんの現状をお伝えすべく、
気を取り直して頑張ります。

今後とも宜しくお願いしますm( _ _ )m


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


at 01:59│Comments(10) ★ひ と り ご と 。 

この記事へのコメント

1. Posted by koKo   2008年03月18日 12:12
体調不良の為潜み中でゴメンナサィ(´・ω・`;)
でも、この記事を拝読しながら頑張ってコメです!
ガッツくんを送り出した時、koKoは精一杯の強がりで
ガッツくんを託してきました。そして同じキャリーにミル
ちゃんを連れ帰ってきました。理由は色々ありますが
koKoもキャリーの軽さに耐えられなかったと思います。
また、ガッツくんの事を再び言葉に出来るまでに時間が
かかりました。ミルちゃんとの新生活でガッツくんの穴を
塞いでいるのは解っていました。
思いだせば泣ける。そんな状態でした。
ゥチの仔同然に愛情を注ぎ大切に育ててきた仔。
幸せになると解っていても、寂しさは消えない。
想い出に変わるまで、少し時間が必要ですよね。
無理をせず、ゆっくりと心を癒してくださいね☆
2. Posted by らむママ   2008年03月18日 18:34
はじめまして、いつも拝見しておりました。
落ち着いてから・・・の後がなかなか更新されなかったので、少し心配していました。淋しいですよね、当たり前です。
記事を読んでいて、私も途中からポロポロ涙が出ました。
べっちゃんが幸せになるってわかっていても、別れはやはり悲しく寂しいものです。
私にはとても真似できない立派な事をされていると思います。
本当に影ながらですが、これからも応援しています!
3. Posted by ちゃこ   2008年03月19日 17:13
しおりさんべっちゃんのお届けお疲れさまでした、
いつかこの日が来ると思いつつもの別れは辛かったでしょうね{悲しい}
しおりさんの記事を読んでいてどれだけ
べっちゃんを愛されていたかがよくわかります
なかなか今の気持ちが消える事はないかもしれませんが元気出してくださいね
4. Posted by rin   2008年03月20日 00:14
しおりさん、おかえりなさい{びっくり}
胸がいっぱいで・・・{汗}
なんて言葉にしたらいいのかわからなくて。
『うん。。うん。。。』
って、一文字一文字を噛締めながら読みました。
しおりさん、無理しないでね。
応援してます!!
5. Posted by しおり@管理人   2008年03月20日 15:37
>koKoさん{リボン}
お体、大丈夫ですか!?(>_{汗}
体調がお悪いのに、お気遣いいただいて、
コメントありがとうございます{汗}{汗}
koKoさんには私の方からご報告しないと…
と思っていたのに、遅くなってしまってごめんなさい{すいません}
実は、べっちゃんの旅立ちを寂しく思えば思うほど、
ガッツくんの事が頭をよぎっていました。
当時私は、元の飼い主さんに戻った、と言う
単純な結果だけを捉えて、koKoさんへの言葉が
軽かったと思います・・・。
今になって、実際のkoKoさんの心中が
如何程のものだったかと思うと・・・。
本当にごめんなさい{悲しい} 謝りたいと思っていました。。。
こんな事がずっと続くなら、もう無理かも知れない…
と、思いそうになりますが、
ミルちゃんやティアちゃんのお顔を拝見していると
やって良かったと思えますもんね{キラキラ}
私も出来る範囲で、やっぱり頑張ります{力こぶ}
6. Posted by しおり@管理人   2008年03月20日 15:47
>らむママさん{リボン}
はじめまして{キラキラ} コメントありがとうございます{ラブ}
あの後、なかなか更新できずにすみませんでした{汗}
見ていて下さる方が居る・・・
一緒に涙して下さる方が居る・・・
それがどれほど心強く、有難い事か・・・
言葉では言い尽くせません。
こうしてコメントで応援して下さるお言葉を頂く度、
ブログと言う手段を取って、良かったなぁと心底思います。
本当にありがとうございます{悲しい}
立派と言われると胸が痛いのですが{汗}
これからも自分の出来る範囲の事をちまちまやっていきますので
よろしくお願いします{すいません}
7. Posted by しおり@管理人   2008年03月20日 15:53
>ちゃこさん{リボン}
ちゃこさんも癒しが必要な時に・・・
本当にありがとうございます。。。
今回の事で、「別れの寂しさ」と「幸せになる為に」云々は
別物、と言うことがわかりました(^^;
皆さんはそれを解かっていたから、
心配して下さっていたのだなぁと…(笑)。
切なさに浸る事は簡単ですが、ご家族からの報告メールが
その凝り固まりそうな寂しさを溶かしてくれています。
お陰さまで先へ進めそうです{OK}
お気遣い、ありがとうございます{ラブ}
8. Posted by しおり@管理人   2008年03月20日 16:00
>rinさん{リボン}
ただいまですっ{まる}{キラキラ}
本当は、「純粋な里親募集ブログ」にしたかったのに、
気付けばこんなに私情満載のブログになってきています。。。
rinさんをはじめとする皆さんが優しいからです!(人のせい?・笑)
本当に、いつもいつも、有難いと思っています。
言葉って大きいし、大事なものですね。。。
こんな偏った人間を応援して下さるお言葉を聞き、
みなさんのお力を頂いて、
初めて、「もう大丈夫 {力こぶ}」って言えそうです{悲しい}
本当にありがとうございます{悲しい}
9. Posted by ちゅらてぃママ   2008年04月01日 07:53
しおりさん、コメント遅くなってすみません。。
予告どおり号泣しちゃった。。。
記事を読んでるとその場面の映像が頭に浮かんじゃって。。。
文の一つ一つにすごく共感できるというか、気持ちが伝わってくるというか、
とにかく胸がキューンってなってしまうあの感覚にとらわれました。
鼻もツーンって。
やっぱり私には出来ない、そう確信させられちゃいました。。。
今出来ることは、ありきたりだけどやっぱりべっちゃんの幸せを祈ること。
本当にそれしか出来ないんだなぁ~ってなんだかちょっと寂しくなったり。
とにかくすっごくいいお話なんだけど勝手に複雑な気分になってます。
でもでもでも、やっぱりべっちゃんおめでと~!!
良かったね☆
幸せに、幸せに、幸せに、絶対幸せになるんだよ~!!!
京都にもこんな素敵なママがいるんだからね^^
10. Posted by しおり@管理人   2008年04月03日 16:41
>ちゅらてぃママさん{リボン}
ちゅらちゃん、落ち着かれましたか?
私の方こそ、なかなかブログ巡りまで手が回らなくて
あれ以来、気になりつつもお邪魔できずに居ます。。。{すいません}
個人的かつ、身勝手な感情なので、アップするのは我ながら、
元々のブログの運営方針とのズレを感じつつだったのですが・・・
書かずには前へ進めませんでした(^^;
もういっその事、「ひとりごと」としてカテゴライズさせてもらう事にしましたが…{汗}
ほとんど思うまま書き綴ったので、
「報告記事」と言えるような臨場感はない記事だと思うのですが・・・
泣いて下さってありがとうございます{悲しい}
べっちゃんと、次の預かりっ子は元々、
以前から知っているコの中で特に、
私にとっては思い入れの強いコでした。
それもまた、「私の勝手」なのですが…(^▽^;
本当ならどちらもウチのコにしてしまいたい!
でもそれでは本当の幸せでないのはわかっているし、
だからこそ、やれるんだと思います。
本当に、とてもいい経験をべっちゃんやわんこさん達から
与えてもらっているなぁと言う思いです。
べっちゃんのトライアル終了まであとわずか…
ちゅらてぃママさん含め、
みなさんに愛されてこそ、掴んだ道だと思っています。
本当にいつも、応援ありがとうございます{キラキラ}
「里親さま決定!」の記事まで、どうぞ見守ってやって下さいね{ドキドキ小}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
無事、お届け。削除予定の言い訳