リンク集追加&お詫びいよいよ明日・・・♪

2007年10月25日

もうひとつの虐待~保護当時の写真

注意 初めての方はコチラの記事(←クリック)からお読み下さい。


膝蓋骨脱臼手術後の為、
里親募集一時休止中の預かりチワワ、ベティー。

テンカン様発作が起こる事、
膝蓋骨脱臼を抱えている事が解っていながら
繁殖犬として飼われていた彼女。

推定でも3歳以上で、食欲旺盛。

殴られたり蹴られたり、水を与えられなかったり
空調のないアバラ家に閉じ込められたりもしていません。
食事も粗悪なフードであったり、与えられなかった事はありません。

ただ、日々子犬用のフードを貰って、
時折人間の食べ物も貰っていました。

運動もしないので、元々太り易い傾向にあるベティーの食事を
「減らす」のが可哀想だと、「調節」「管理」すらしてもらえず、
見る間に太っていきました。

それは愛なのですか?



≪保護された当初の写真≫
61448ca0.jpg
写真をデジカメで撮ったものですが、加工はしていません。
特徴的なはずの目も耳も、小さく感じますね。


当時、3.8?・・・
ほんの少し気をつけてあげるだけで、3.5?になり、
預かり先の我が家へ来て2ヶ月。

良質のダイエットフードとして、病院で療法食をもらい、
グラムをはかってあげるだけ。
それだけでマイナス600gのダイエットが可能で
2.9?まで体重を「戻す」事ができました。


(もちろん突き詰めれば手作り食がベストなんだと思いますが
私にはまだその充分な知識がありません。)


bdbf776d.jpg


2.5?前後が適性であろうベティーの体重。
1?以上オーバーしていた事になり、
単純計算で、50?の人間に換算しても76?。
ベティーの1.3?は、人間の26?にも相当するのです。

食事を与えていれば、虐待ではないのでしょうか?
「オヤツ」を与えない事は、「かわいそう」なのでしょうか?


パソコン ↓クリックでベティーを応援して下さい↓ パソコン
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ 


犬 犬 犬 犬 犬 犬

以前、友人にこのブログを見せた所、
「全然かわいそうに見えない」と言われました。
これでいいの?と言う意味です。

個人的には、「カワイソウ」さを「ある程度」アピールする事に
反対ではありません。
(極端な脚色はいけませんが。)

まずは知ってもらわなければ始まらないし、
同情と言う名の関心を引く事で 多くの聴衆の目を向けさせられるなら、
その中から本当に理解してくれる
一握りの人を呼び込める確率が上がり、
この手の問題に心を砕く人が増えるはずだと思うからです。

(もちろん、そこから正しく導き、
責任ある姿勢を貫いてこその啓蒙だと思いますが・・・)

世の中に「カワイソウ」な犬は沢山います。

好んで選んだ飼い主から捨てられる命も然り・・・。
ネグレクトでガリガリに痩せ細ったり、
不衛生な環境で皮膚がボロボロだったり・・・
そう言う、見た目にショッキングな状態の子達は
クローズアップされやすいですが、
無知から来る、「太らせる」と言う虐待もまた、
日々蔓延しているのだと思います。


太った子の手術を見た事がありますか?
脂肪が多く巻いていると、その脂肪が麻酔を吸収してしまう為、
どんな手術であれ、その分 普通の子よりも多く麻酔が必要になります。
そして、開腹しただけで脂がギトギト…
血管を止める糸も手も、ぬるぬるする脂で滑ります。
その余分な脂がないだけで どれほど手術がスムーズな事か。

ガリガリの栄養失調なら、
誰もが生命が危険に晒されていると気付くでしょう。
しかし、太らせる事は、少しずつ毒を盛っているのと同じで
いつ致死量に達する(体に変調をきたす)か、
いつどこで爆発するかわからない時限爆弾のようなものです。

不発弾で済めばラッキーですが、
普通、与えられた物しか口にできない犬にとって、
そんなギャンブル、正しいやり方な訳ありません。

太らせている事で、犬だって糖尿病にもなるし、
体型に合わない体重は、関節へも大きな負担になります。
肝臓等の内臓や、心臓に負担もかかるし、それが肺へも影響し、
そこから肺水腫を引き起こしたりもします。

動物として不自然な状態なのですから、
動物としての生理が、体が、悲鳴を上げて当然です。


残念ながら私は菜食主義者ではありません。
かと言って特にグルメではないのですが、
生々しい例えで言うと こうです。

最近は、食肉ですらブランド化していますが、
肉質を変えるために、「飼料」が様々工夫されていますよね。
食べ物は、その動物の肉の味すら変えてしまいます。

食べ物から体は作られるのですから
当然と言えば当然なのですが、
食べている物は、それだけ体に影響を及ぼしている、
重要なファクターなのです。


何も殴るだけが虐待ではありません。

肥満は万病の元。
犬は普通、与えられた物しか食べる事が出来ないのですから、
太るような物や量を与えると言う事は、
飼い主が 可愛い「愛犬」に日々、
病気の種を植え続けているようなものです。

「欲しがるからあげてしまう」等、
「愛犬」をポッチャリさせている一般の飼い主さんに、
声を大にして言いたいことです。


もう、長いからこの辺で切ります(--;)
BY:ストレスフリー太りの管理人

ネットウォッチが全く出来ていないので
本記事に一切の他意はありません。悪しからず。


at 23:03│Comments(6) ★幸せを掴んだチワワ・ベティー 

この記事へのコメント

1. Posted by rin   2007年10月26日 11:06
こんにちは{太陽}
まずは、ベティーちゃんが日に日に回復してる姿にホッと胸を撫で下ろしてます{笑顔}
おもちゃで遊ぶってことは調子が良い証拠ですよねっ{電球}
保護当時のベティーちゃんの姿を初めて見ました。
今の姿とは全く違っていたんですね。
なんだか苦しそう・・・{汗}
わんこの食事について、先住犬がいる我が家でも、チワワを飼うようになってから
改めて考えるようになりました。
お恥ずかしい話ですが、16歳のシェルティーを飼い始めた頃は、私もまだ小学生で
大した知識もなく、
『かわいい{ドキドキ小}大好き{ドキドキ大}だから私のパンと牛乳あげるんだ{ウインク}』
なんてことは毎日でした{汗}
残してきたお弁当をあげたり・・・{困った}
今考えると、とっても可哀想なことをしていたんです{すいません}
チワワを飼うにあたって、獣医さんにたくさんのことを教わりました。
わんこにとっての食生活の大事さ。汗をかかないわんこにとっての
塩分摂取の怖さ。
『可愛くて大事な家族だからこそ、人間の食べ物は絶対に与えてはいけないよ』
獣医さんのその言葉は忘れられません。
可愛がるということの意味を間違っていたことを恥ずかしく思いました{汗}
長くなってしまってごめんなさい{すいません}
とっても考えさせられる内容でした{びっくり}
もう一度、わんこを育てるということを見直してみようと思いました{電球}
ベティーちゃんの変わっていく姿に感動しました{キラキラ}
ベティーちゃんは本当に素敵な方に保護されましたねっ{笑い}
2. Posted by koKo   2007年10月26日 12:28
リンクありがとぅございます{ハート}
照れちゃいます(`>ω<´ゞ)キャハ ▼・ェ・;▼∪・ェ・;∪
我家のレオくん、我家に迎えて1ヵ月目、痩せて
なんと4.4kgもありました。それはそれは丸々で
まるでバスケットボール!前も後ろも解らないくらい
まん丸でした。痩せてって、迎えた時にどれくらいの
体重だったのか・・・恐ろしいです(とても計ることなど
できない暴れっぷりだったので未計測なのが残念)
お座りもぉ腹が閊えて出来ずいつも横座り。ぉ散歩
すれば足の甲を引きずってしまうことも多々。肥満
すぎて細い足で支え切れなくなっていました。
前回怪我をする前に2.7kgまで落ちた時に、まだあと
少しダイエットが必要と言われたのでドレダケー!!
な肥満ぷりだったのかゾッとしました。今でこそぉ顔
ゃデカ耳がはっきり解りますヶド、以前はぉ顔自体が
身体に埋もれている感じで・・・ベティーちゃんの昔の
画像を拝見してひどかったなぁと思い出しました。
昨日計測で約3kg。それでも1.4kg落ちています。
人間で換算してもびっくりですし、小さなチワワンだったら
1頭分背負っていたことになります。
有難迷惑な虐待は間違いなく存在する(`-ω-´怒)
koKoも身を以て知っているので、激しく同意しちゃぅ
記事でした。そのとおりです!!!!!!!!!!
3. Posted by ちゅらてぃママ   2007年10月26日 14:16
すっごい変わったね~。
体重もだろうけど表情がまるで別犬。。
今は新しい匂い、新しい感覚、新しい『人間』。。。
たくさんの初めてに囲まれていろんな刺激を受けて
ホントに『生きてる』んだね~^^
昔より今のほうが幼く見えるわ^^
肥満のお話、耳が痛いです。。。(反省)
4. Posted by しおり@管理人   2007年10月26日 14:31
>rinさん{いちご}
こんにちは{音符} コメントありがとうございます{ラブ}
ベティーは私の予想を良い意味で裏切ってみるみる回復し、
至って元気に過ごしてくれています{ドキドキ小}
本当に強い子だなぁと感心しています。
ベティーの昔の写真・・・ブッサイクでしょう~?(笑)。
7月頃の写真のはずなので、ただでさえ暑いのに、
この贅肉のコート…{困った}
ハァハァ言ってしんどそうにしていたのを思い出します。
私もエラそうな事は言えないんです{汗} (自分の体重もですが・笑)
かつて長女犬を管理の甘さから太らせて、
今も一応、まだダイエット中ですから・・・{困った}
子供の頃に飼っていた子(MIX{犬})には、残飯ゴハンや味噌汁、
フライドチキンの骨なんかも平気であげていました{困った}{汗}
仕方ないとは言えませんが、昔はそんな飼い方が横行してましたよね{困った}
rinさんだけじゃないですよ~{汗}
私もですが、そう言う方は少なくないと思います。
今はさすがにそう言う飼い方は減ったでしょうが、
「少し」だからと言う、人間の尺度で
テーブルから何かを貰っている子はまだまだ沢山居るでしょうね(--;)
これから先だって、(キシリトールの問題等もありましたが)
今は当然のようにしている事が、実はとんでもなくいけない事だった…
なんて事になるかも知れませんし、
常に我が子を思って知識を得、学んで行かないといけませんね。。。
ベティーの預かり先としては決してベストではない我が家ですが…
幸い協力してくださる方々には恵まれていますし、
私とは腐れ縁として、もうしばらくベティーにはガマンしてもらいます(笑)。
rinさんのお家のお子たちは、老いも若きも
ちゃんと向き合って下さる飼い主さんに恵まれていますし{ラブ}
みんながそうであってほしいですよね・・・{月}
P.S:全然長くないですよ~{笑い}
    負けじと長い文で返してみました(笑)
5. Posted by しおり@管理人   2007年10月26日 14:55
>koKoさん{いちご}
こちらこそっ、リンクありがとうございます{悲しい}
拙い紹介文でごめんなさい{汗}
レオくん・・・4.4?以上あって通常の歩行も困難だったなんて・・・
相当しんどかったでしょうね。。。
最小犬種と言われるチワワでも、
骨格が大きくて5?、6?あるコはいますが、
適正体重が2.7?以下のレオくんにとっては
もはや死活問題ですよね(>_{汗}
噛み付こうが何をしようが愛してもらえるし、
koKoさんちに来られて、レオくんは本当に幸せですねぇ~{悲しい}
少しずつ太っていくので、毎日見ていると気付きにくいと言うのも
一因なのでしょうが、人間の尺度・感覚で食べ物をあげていれば、
太らせるのは本当にカンタン…
逆に、ちゃんと無理なく痩せさせようと思うと、
すごく時間がかかりますよね…。
人間が自分の勝手で太っているのとは根本的に問題が違いますし、
飼い主の知識、心がけ一つで犬生って大きく変わるんですから
やっぱり責任は重大ですよね。
身をもって犬の肥満の恐ろしさを感じているので、
なるべくポッチャリわんこオーナーさんにはお話しするようにしていますが、
深刻に受け取って下さる人ばかりではないので
ずっと書きたかった内容でした。
同意して頂けて嬉しいです{笑い}
6. Posted by しおり@管理人   2007年10月26日 15:09
>ちゅらてぃママさん{いちご}
コメントありがとうございます{ラブ}
肥満うんぬんとなれば、思いっきり
“自分棚上げ” で書いている管理人ですが…(;^▽^A
実はこれでもまだ書き足りなかったりするんで(笑)
加筆しようかなぁとか悩んでるんですけどね{笑顔}{汗}
ベティーは最近、ようやく色んな表情が出るようになってきたかなぁ~と
感じています。
人間も体型によって老けたり若く見えたりすると思うのですが、
こうして表情を切り取った写真を見ると、毎日顔を見ている私も、
ベティーってやっぱり若かったんだなぁと気付かされます。
首をかしげている写真は初めて撮れたので、
嬉しくってアップしちゃいました(笑)。
ベティーにはまだまだ「はじめて」聞く不思議な音も、
いっぱいあるようです{笑い}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
リンク集追加&お詫びいよいよ明日・・・♪