一大決心!…その前に更新、加筆

2007年10月19日

重要なお知らせ

注意 初めての方はコチラの記事(←クリック)からお読み下さい


一大決心と書きましたが、大袈裟でもなんでもなく、
色々考えあぐねて導き出した「決断」。


残念ながら、里親さん決定!とか
我が家で飼います!ではありません(^^;)

里親募集中の預かりチワワ、ベティー。
膝蓋骨脱臼の手術が無事に終わりました。

918d9c97.jpg


ただ、術後のリハビリにメドがつくまで

ベティーの里親募集は一時休止します。


12月1日休止解除、里親募集再開しました!


もちろんブログも今まで通り更新して
随時 現状報告して行きますし、
休止中もお問い合わせ
コチラ参照は引き続き受付中ですOK


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

クリック応援↑も引き続き、
宜しくお願い致します汗


以下は必読ではありません(^▽^;)
だらだらゴチャゴチャした事は、追記にしておきます困った

犬  犬  犬  犬  犬  犬  犬  犬  犬

焦らす気や出し惜しみする気などさらさらなかったのですが、
考えれば考えるほど、ぐるぐると思考が堂々巡りしてしまって
今日のご報告に至りました。m( _ _ )m


以前から解っていたベティーのヒザの疾患「膝蓋骨脱臼」。

主治医である獣医さんに以前から相談していたのですが、
先生の薦めもあり、昨日17日、まさに「一大決心」をして
手術に踏み切りました。

悩んだのは、

命に関わったり、今すぐに必要!と言うような
緊急性の高い手術ではない事。

手術となれば全身麻酔になるので麻酔のリスクを負う事。

両膝とも悪く、両膝同時の手術になるので、
術後しばらく歩けなくなる事。
(片方ずつ時期をずらした手術だと、残した側への負担が大きくなる為)

里親さんの公募もしばらく休止しなければいけなくなる事。

そして、「ウチのコとして飼うなら、しないかもしれない手術」である事…。
これが何より、判断を迷わせました。

でも、ウチのコとしておいてあげられないからこその手術なんです…。
これが結論でした。

ベティーは持病として、頻回ではないものの、
テンカン発作を起こす事がわかっています。
その上、ヒザが悪い事も、黙って渡すなんてできないし
する気もないので、プロフィール等にも明記しています。

でも、「全て受け入れてくれる人に」と思う反面、
不利な条件はなるべくなくしてあげたいし、
治らないとされる持病があるから子だからこそ、
治せるものは治しておいてあげたい・・・

幸い、獣医さんのご協力も仰ぐ事ができましたし、
まだ見ぬ里親さんに経済的負担をかける事もありません。

里親さん候補がいない今の内にリハビリまで済ませておけば、
この先里親となって下さる方が飼い始めた後の精神的負担も、
少しは減らせるし、べちの悪条件も1つはなくせる…。

甘ったるい感覚かもしれませんが、
それでも、手術となるとどこまで行っても心配で、
べちの為と思っていても、可哀想に見てしまう感覚は
ゼロにはなりませんでした。
(それだけが理由ではないですが、諸事情も相まって
結局、当初の予定から2週間も延ばしてもらっての手術に至りました。)

このタイミングが正しかったのかはわかりません。

避妊手術を受ける時に、ヒザもお願いできたのですが
その分手術が長引くので、
麻酔下に置かれる時間を短くするか、麻酔をかける回数を減らすかで悩み、
素人考えかもしれませんが、時間短縮の方を選びました。
そしてその日まで、必要な手術か悩み、私なりによく考えました。

術後、しばらく歩けなくなる事も、
過去に近しいわんこさんの術後を見て知っていましたし、
もちろん逆に、そのコと同じ予後になるとも限りません。
となれば当然、里親さんを公募するのも一旦中止しなければいけないし、
それがべちにとってチャンスロスになるかも知れない。

でも、今現在まで悲しいかな 良いお話はないのだし、
べちがリードをつけた状態で、まともに外を歩けるようになった事もあって
仕事が休みの前日を選んで、手術をしてもらいました。


今は誰の犬でもないべち。
でも、法的には私の「所有」する犬。
家族内でも、手術に反対する意見が出ました。
けれど決めるのは私。責任を負うのも私。

私は、色々犬の世話をした経験はありますが、
里親を探す為に一時預かりをするのは初めてです。

どこかの愛護団体から預かったり委託されている訳ではないので
そう言う「特定の人から託されているプレッシャー」とは
無縁かもしれませんが、その分、自分で判断しないといけません。

飼い主のようで飼い主でない、我が子のようで我が子ではないこの感覚。
いつか巡り会う、まだ見ぬ飼い主さんから預かっている身です。
ウチのコ同然に大事なコなんですが、
ウチのコに対するのとはまた違う責任を、改めて実感しました。

この上、支援者の方々に対しても責任の生じる愛護団体の方々は、
本当によほどの信念と、判断力、知識や経験がないとできないなぁ~
・・・と、思ったのは余談です(笑)
やっぱり私には真似出来そうにもありません(^▽^;)


なるべくベティーの全てを見てもらおうと思って書いている日記。
だから敢えて、可愛く写っている写真ばかりを選ぶ事はしていません。

でも、こんな事なら、リハビリにメドが立ってからブログを立ち上げて
公開すれば良かったのかなぁなんて思ったりもしています・・・。

相当長くなりましたが、要するに、
生活に支障のなかったベティーに
痛みと傷を与えてしまった罪悪感を感じずに居られない
私のウジウジした性格を露呈する追記なのですが(^^;)
翌日からいつも通りゴハンをパクつき、
歩けないのに何とかトイレへ移動しようとするベティーの頑張りに、
勇気を貰って書きました。

ありがとう!明日からもがんばろうね!ベティー!

そして、もしここまで読んで下さったのなら、
貴方にもありがとう。(-人-)多謝。

at 00:47│Comments(7) ★幸せを掴んだチワワ・ベティー 

この記事へのコメント

1. Posted by ちゅらてぃママ   2007年10月19日 07:43
ベティーちゃん手術したのね。
よく頑張ったぞ~~☆
これでもっと元気に遊べるね~♪
うちもちゅらが膝蓋骨脱臼なの。。。(;;)
まだ手術のレベルじゃないんだけど、いろいろ気をつけないとね。
2. Posted by ちゅらてぃママ   2007年10月19日 07:53
続きの記事読みました。
私は今マンションに住んでいて
里親になることも一時預かりをすることも出来ない生活環境です。
もし、次に迎える子がいるとしたら絶対に里親になりたいと願っています。
でも一時預かりは正直自信がありません。
うちの子とのラインが引けないから。。。
その子にとっての本当の家族が現れたときに
素直に喜べるかどうか。。。
ちゃんと引き渡せるかどうか。。。
しおりさんにもそんな葛藤があると思いますが
そんな中で決めた今回の手術。
今、ベティーちゃんの事を1番愛してる人が決めた手術なんだから
きっと正しい決断だったんだと思います。
ベティーちゃんの未来のための決断ですものね!!
3. Posted by しおり@管理人   2007年10月19日 14:34
>ちゅらてぃママさん{バラ}
ご来訪ありがとうございます{音符}
それとゴチャゴチャうじうじした追記まで読んで頂いて…恐縮です{汗}
そういう風に言って頂けると、本当に、本当に心強いです…
ありがとうございます!!
ベティーはホントによく頑張ってくれました!
今後も頑張って回復してくれると思います!
ちゅらちゃんもおヒザが悪いんですね…(>_{悲しい}
実はウチのコもで・・・(^^;)
でも、もう11歳でテンカンもベティーより酷いので、
今はサプリのみで対応しています。
ちゅらちゃんは若いし、日常から気をつけてあげれば、
大丈夫ですよね{ウインク}
私ももう、人生でこの先、わんこを仔犬から飼う事はないだろうなぁ~
と思っています。
本来ならまだ、一時預かりとしても理想的な環境ではないのですが…(汗)
本音は、ベティーをウチのコにしてしまいたい!のですが(^^;)
でも、それは単なる私のエゴで、
ベティーにとっては本当の幸せではないと思っているので、
本当に家族として迎えて下さる方が見つかれば、心から喜べると思います。
ただやっぱり、きっと嬉し泣きだけでは済まないでしょうが…(^^;)
今はただ、過保護にならないよう気をつけながら、
大事なベティーの回復をサポートしたいと思っています。
コメントありがとうございました{ラブ}
4. Posted by rin   2007年10月19日 18:21
こんばんは{月}
ブログを読んでいて胸がギュッとなりました{悲しい}
追記を読んで、しおりさんの葛藤はベティーちゃんのことを
本当に考えてるからこそ出てきたものだし、そのしおりさんが
出した結論は、私は絶対に間違ってないと思います。
私もちゅらてぃママさんのおっしゃる通り、正しい決断だと思います{びっくり}
ベティーちゃんは、しおりさんの気持ちをちゃんとわかってくれてますよ{笑い}
わんちゃんは、自分を愛してくれてる人の気持ち、ちゃんとわかってくれますから{キラキラ}
だから、術後は自由が利かなくて大変だけど、ベティーちゃんは頑張ってくれると
信じてます{びっくり}
そして、必ず生涯大切に育ててくださる素敵な里親さんが現れます{キラキラ}
みんな応援してますよ{力こぶ}
ベティーちゃん、そしてしおりさん、頑張ってくださいねっっ{びっくり}
5. Posted by しおり@管理人   2007年10月20日 00:45
>rinさん {バラ}
こんばんは。ご来訪ありがとうございます{音符}
ベティーのブログなので、私の個人的感情のモヤモヤが
こんなに記事内を占めてしまうのも、
本当はどうかとは思ったのですが…{困った}
ただダラダラ長いだけの文章を最後まで読んで下さって、
本当に恐縮です{すいません}
そして…力強く、心強いお言葉を、ありがとうございます!!(>_{悲しい}
『必ず生涯大切に育てて下さる素敵な里親さんが現れる』
・・・そうですよね!必ず!
その日の為に、無理のない程度に、明日からもまた頑張れそうです。
預かりとしても人間としても、本当にまだまだ未熟者ですが、
可愛いベティーの為にできる事を一生懸命考えて、
模索しながらゆっくりでも進んで行きますので、
今後とも、どうぞベティーと このブログを見守ってやって下さい。
コメントありがとうございました{ラブ}
6. Posted by TAMA   2007年10月23日 12:29
はじめまして。預かり犬への愛情・・・複雑な想い、そして責任・・・わが子と変わらない気持ちを注いでも、やはりいつか出会うその子の赤い糸の方への責任や・・・複雑な思い、私もいつも抱えているので、読んでいて胸がきゅんとなりました。ベティーちゃんは本当に幸せなわんこです。きっと、いつか赤い糸の方に笑顔でバトンタッチできますね。
7. Posted by しおり@管理人   2007年10月24日 00:08
>TAMAさん{リボン}
はじめまして{笑い} ご来訪ありがとうございます{ラブ}
まとまりのないままゴチャゴチャ書いた
追記まで読んで頂いたみたいで…ありがとうございます。恐縮です{汗}
TAMAさんも、里親探しの活動をしていらっしゃるんですね{キラキラ}
私なんてまだまだ初心者ですから、きっとこれから先、
思いもしない 知らない事に、たくさんぶつかるのかも知れません。
そう思うとちょっと怖くもあるのですが…(^▽^;)
ベティーが今、幸せかはわかりません。
今までよりベターな生活なのは確信できるのですが…。
早く本当のしあわせに辿り着けるよう、今は急がず、
着実に環境を整えてあげたいです。
きっと繋がっている「赤い糸」は、ベティー自身が手繰り寄せるハズですもんね{ラブ}
その時はもちろん、笑顔でバトンタッチ!ですね{笑顔}{OK}
はい、頑張ります{力こぶ} TAMAさんも頑張って下さい{キラキラ}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一大決心!…その前に更新、加筆