2008年11月

2008年11月17日

それでも繁殖をやめない理由

注)過去最長!?記録かもしれないくらい長文です。
(誰が読むって言うの…困った

家族募集中の我が家の預かりポメ、ボニータことぼにたん。
避妊手術済みの女のコで、推定年齢は5歳前後。


(その他の詳細は コチラの記事初心者(クリック)をお読みの上、
コチラ手紙(クリック)までお問い合わせ下さい。)


股関節形成不全という遺伝する骨格の異常があり、
股関節脱臼を併発、更に 膝にも習慣性の脱臼(膝蓋骨脱臼)があります。

ぼにたんの股関節の形成不全は、
本来 後ろ肢の付け根の骨を丸く包み込むようにあるべき、
凹凸の凹のような「受け皿部分」のカーブが正常よりも浅い為、
スムーズに関節が機能せず、将来的に痛みや
歩行への障害が生じる可能性が高い状態です。

右後肢に関しては、その浅い受け皿、骨盤部分から大腿骨が外れ(脱臼)
その場所に留まって、偽関節の状態になっています。


膝蓋骨脱臼の方は膝のお皿部分が
足の骨の溝に納まっていなければいけないのに
その骨の溝が浅い為にひっかかりが弱く、抜けたり入ったりする状態です。
(習慣性脱臼の場合、急激な痛みはないと考えます。)
程度の差はあれ、小型犬には多いこと多いこと・・・困ったダッシュ


adfba8b3.jpg

セカンドオピニオンの際、レントゲンを見た
主治医さんとは別でお世話になっている獣医さんに
「小型犬でここまで酷いのは初めて見た」
と言わしめた ぼにたんの股関節・・・

それでも元気に歩けているのは、主治医さんいわく、
股関節部分が脱臼してしまった事によって 、
股関節形成不全の痛みの原因である
“骨同士の摩擦や衝突”が起こらないので、
痛みにつながらずに済んでいるし、
普通
(股関節が脱臼した状態)なら歩けなくてもおかしくないのに
その脱臼した位置で関節が固まってしまったから、
歩行が可能なのだろうと言う事でした。


もちろん、小型犬という体重(負荷)の軽さも幸いしていると思います。
大型犬なら、歩けなかったでしょう・・・。

それでも将来的に、膝や股関節に痛みが出ないよう、
または出る時期を少しでも遅らせられるよう、
関節を保護してくれるサプリメント(コンドロイチン)
毎日半錠、おやつ感覚で食べ、なおかつ
減量用フードで体重管理もしています。

そのおかげもあってか、現在、日常生活に不自由は感じません。

ca81c0a0.jpg
≪プチドッグランにて≫

一般的に股関節形成不全は大型犬に多く、
膝蓋骨脱臼は小型犬に多く見られます。
膝蓋骨脱臼に関しては後天性の場合もあるとは言われますが、
先天的な異常の場合が多く、その場合どちらも遺伝性の疾患です。

それなのにぼにたんは「繁殖用」の犬として
遺伝するそれらの疾患を持ったまま、
仔犬という「商品」を産む為に飼われ、
遺伝子を繋ぐ「仕事」をしていたのです。

たとえ健康な母体であっても、
出産と言うのは決して必ずしも安全なものではありません。
交配・妊娠・出産が原因で命を落とす母犬もいるのです。

039e00ac.jpg

実際ぼにたんは、骨盤に負担のかかる出産後、
何度も立てなくなりました。

その間、腰が抜けたような状態で後肢が立たず、
前肢だけでの生活になる訳ですが、原因が何であれ、
まだ若いはずのぼにたんが「立てなくなる」と言うのが
どれほど異常事態である事か・・・

それでも所有者は繁殖を止めなかったのです。

何故?

それは、至極単純なこと。

商売だから。
本来の意味でのブリーダーではなく、繁殖屋だから。
愛犬ではなく、繁殖用の台メスだから。
そして、ぼにたんが 巷でもてはやされる、「小振り」を産むから。

「小振り」と言う名の「売れ筋商品」・・・
要するに母犬の状態がどうであれ 産んでさえいれば儲かるのです。

そして、今もこの日本のどこかで、
ぼにたんが立ち上がれなくなる程の無理をして産み育てた
「小振り」のポメラニアンがまた、小振りを理由に
その遺伝子を次世代に引き継いでいるかも知れない恐怖。

afff5ee9.jpg

小振りが悪い訳でも、全てが不健全な訳でもありません。
ただ、こんな形で生み出されている「小振り」も
事実存在するのだと言いたいのです。

もうやめましょうよ・・・
知識も愛情もない繁殖は・・・。

小さけりゃいいの?
可愛けりゃいいの?
一見、健康そうならそれでいいの?

愛情、信念、知識、経験、時間、財力…
どれが欠けても、
ブリーディングは成り立たないと思います。

要するに、ブリーディングは
素人が手を出すべきではないし、
商売人が簡単に始められる業種な訳がない。

私はそう思います。
だから私は「繁殖しません」。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
電球クリックでぼにたんを応援して下さい電球
続きを読む

at 23:50|PermalinkComments(2)★幸せを掴んだポメ・ぼにたん 

2008年11月07日

歩み

注意 「バイオグラフィ」(クリック)を更新しました。

一時期は削除していた、
幸せを掴んだチワワのべっちゃんの記録を復旧。
今後はカルテの意味合いとともに、歩みの記録として、
起った事や行った事を綴っていきます。



at 01:48|PermalinkComments(0)★変更・改訂・更新履歴